どんな芸能人になりたいのか?芸能人へのステップとは

オーディションの情報

積極的に応募する

中には、自分には無理だと思いオーディションへの参加を渋っている人が見られます。
そのままオーディションを受けないと、何も変わらないままです。
永遠に芸能界デビューできないので、チャンスを広げるために応募してください。
審査員に自分を見てもらえるよう、精一杯アピールしましょう。

雑誌やテレビの企画で、素人を募集しているオーディションを見つけることができます。
応募できる人は年齢などの条件が決まっているので確認し、自分が応募できることがわかったら挑戦してください。
規模が多いと何万人という人が参加し、合格するのは難しいです。
合格すればいきなりドラマで主役級の役をもらえたり、次の仕事に繋がりやすくなったりする面がメリットです。

しっかりと受け答えをしよう

オーディションでは歌やダンスなどの特技を披露する時間の他に、審査員から様々な質問をされる時間があります。
何を質問されてもいいように、受け答えの練習をしておきましょう。
どうして芸能界を目指そうと思ったのか、憧れの芸能人はいるのかなど、聞かれやすい質問の答えを前もって用意するのが良い方法です。
そして練習していれば何を聞かれても、スムーズに答えられと思います。

せっかく特技を披露したのに、質問の受け答えができないと印象が悪くなってしまいます。
特技ばかりではオーディションを合格できないので気を付けてください。
練習を積み重ねることで、ある程度は緊張することを防げます。
緊張すると実力を発揮できなくなるので、何度も練習し、当日は心を落ち着けて参加しましょう。


この記事をシェアする